講演会「絵は語り、言葉は描く -絵本作家と翻訳家の対話ー」のお知らせ

2019年1月8日

本学(神戸市外国語大学)客員教授で翻訳家の柴田元幸氏と絵本作家きたむらさとし氏による講演会を開催します。
お二人の対談、きたむらさとし氏によるライブペインティングで構成いたします。

日時:2019年2月9日(土曜) 14時~15時30分
場所:神戸市外国語大学 第2学舎2階504教室 キャンパスマップ
参加費:無料 (どなたでもご参加いただけます。当日、直接会場へお越しください。)

講演会チラシはこちら

神戸市外国語大学サイト

ハーディ講演会の案内

2018年12月29日

今年も残すところあとわずかとなり、ご多忙な日々をお過ごしのことと存じます。
さて、今回の講演会には、『塔上の二人』の翻訳者であり、数年前にもご登壇いただきました塩谷清人先生をお招きしております。皆様ふるってご参集くださいませ。

日時: 2019年1月26日(土)午後4時より

場所: 関西大学(千里山キャンパス)総合図書館 3階 
(アクセスは関西大学のホームページよりご確認ください) 
TEL: 06-6368-1121 (大代表)

講師: 塩谷 清人氏  学習院大学名誉教授
演題: 「ハーディ小説の諸相、『テス』を中心にして――同時代小説の中で際立つ斬新さ」

        ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

懇親会: 午後5時45分より 関西大学内「チルコロ」(会費:2000円)

講演会と懇親会への出欠は個別に、1月20日(日)までに、下記宛メールにてご連絡ください。よろしくお願いいたします。

連絡先:渡 千鶴子(関西外国語大学)chizukowtr の後にアットマーク gmail.com

投稿規定改定のお知らせ

2018年12月29日

投稿規定が一部改定されました。
詳しくは、投稿規定を御覧ください。

託児サービス開始について

2018年12月29日

日本英文学会関西支部  託児サービス導入について

 支部大会時の託児サービスを2019年度より実施することにいたしました。以下が託児サービス実施の要点です。

<託児サービス要点>

1. 大会当日の託児は来年度(2019年度)から実施する。

2. ただし、各年度のサービスの提供の可否は、開催校の意思に基づき、大会準備委員会が最終的に決定することとする。本サービスの提供を開催校の義務とはせず、開催校の意向を尊重する。

3. 開催校にスペース提供が可能かどうか確認の上(普通教室でも可)、学会事務局が開催校付近の託児サービス業者を選定。開催校は託児スペースの提供の他、業者との事前打ち合わせ及び下見を担当。

4. 学会が実際にかかる費用と、徴収料金の間の差額を援助(徴収料金は、お子さん一人につき、300円/30分とする)

5. 万が一に際しての補償については、託児サービス業者が加入している補償制度内で対応(申し込みの時点で保険契約にも加入)

なお、その年度の託児サービスを実施することが確定する9月頃に、当該年度の実施要領を、HPにアップしてお知らせする予定です。 

神戸市外国語大学 文学翻訳研究会 講演会「ナディア・ムラド(2018年ノーベル平和賞)のThe Last Girlを翻訳する」のお知らせ

2018年12月17日

講演会「ナディア・ムラド(2018年ノーベル平和賞)のThe Last Girlを翻訳する」
講師:吉井 智津氏 (翻訳家)

日時:2019年1月12日(土曜) 11時~12時 (10時30分より受付開始)
場所:神戸市外国語大学 第2学舎2階505教室 キャンパスマップ
定員:本学学生30人、本学教員10人、一般の方10人
参加費:無料

本学英米学科卒業の翻訳家、吉井智津氏が2018年度ノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラド氏の自伝The Last Girl の翻訳書 『THE LAST GIRLーイスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語―』(東洋館出版社)を、11月 30日に出版されました。

イスラム国に両親を殺され、自らも性奴隷として壮絶な苦しみを受けた経験から、戦時下の性暴力根絶を訴え続けるムラド氏の自伝。その翻訳に至る経緯や翻訳上の工夫、翻訳を通して得た感動などを吉井氏にお話しいただき、参加者との質疑応答を通して、翻訳行為の実践と意義を深く掘り下げて考える貴重な機会です。

講演会には本学学生、教員に加え、一般の方も参加していただけます(参加費無料)。定員は学生30人、教員10人、一般 10人です。

参加希望の方は下記のメールアドレス宛てお名前と連絡先をご記入の上、メールでお申し込みください。折り返しお返事を差し上げます。先着順で定員になり次第締め切らせていただきますのでご了承ください。
神戸市外国語大学 文学翻訳研究会: kcufs.trans[at]gmail.com ※[at]を@に変えて送信してください

吉井智津氏
翻訳家。神戸市外国語大学英米学科卒業。訳書に『小さなモネーアイリス・グレースー自閉症の少女と子猫の奇跡』(辰巳出版)、『インビジブル・インフルエンス決断させる力』『こじれた仲の処方箋』(ともに東洋館出版社)ほか多数。

講演会チラシはこちら

外大HP(キャンパスマップリンクあり)

第13回関西支部大会プログラム

2018年10月16日

以下の通り第13回関西支部大会を開催いたします。
日時:2018年12月8日(土)11:00より  会場:神戸女学院大学
例年より早く、土曜日に開催予定です。ご注意ください。

支部大会プログラムはこちら

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

「学会・研究会・講演会の開催情報」コーナー新設のお知らせ

2017年11月11日

関西支部のHPに、学会・研究会・講演会等の開催情報を会員の皆様にお知らせするコーナーを新設することになりました。HPトップページ右端の「学会・研究会・講演会等の開催情報」をクリックすれば、アップされた最新の情報を随時閲覧していただけます。また、それ以前にアップされた情報は、右下の「カテゴリー」の欄から「学会・研究会・講演会等の開催情報」を選んでいただければ、アーカイブされていますので、常時ご覧になれます。支部の会員の皆さまの学問的交流の場として、ぜひご活用ください。

会員の方が関わる学会の他、勤務先の大学などで行われる講演会のお知らせや、学問研究に関わる研究会、読書会のお知らせなど、積極的にお寄せいただき、会員相互のコミュニケーションの場として盛り立てていただければ、と願っております。

掲載を希望される方は、以下の連絡先まで、開催日時、場所、主催者、リンク先やその他の必要な情報をお知らせください。支部の会員が参加可能かどうかも必ずお書き添えください。

連絡先:kansai2の後にアットマークelsj.org

尚、内容については事務局で審査させていただいた上で掲載いたします。

日本英文学会関西支部事務局

役員改選に伴う新体制について

2017年4月24日

2017年4月現在 (敬称略、五十音順)

支部長  新野 緑(神戸市外国語大学)
副支部長 竹村 はるみ(立命館大学)

理事(五十音順)
 家入葉子(京都大学)
 圓月 勝博(同志社大学)
 竹村 はるみ(立命館大学)
 玉井 暲(武庫川女子大学)
 新野 緑(神戸市外国語大学)
 西谷 拓哉(神戸大学)
 服部 典之(大阪大学)
 廣野 由美子(京都大学)
 水野 眞理(京都大学)
 横内 一雄(関西学院大学)

支部長推薦理事(分野別、五十音順)  
 岡田禎之(大阪大学・英語学) 
 里内克巳(大阪大学・アメリカ文学) 
 玉井 史絵(同志社大学・イギリス文学)   
 難波江 仁美(神戸市外国語大学・アメリカ文学・事務局長)
 廣田 篤彦(京都大学・イギリス文学)

事務局
 事務局長  難波江 仁美(神戸市外国語大学)
 副事務局長 西川 健誠(神戸市外国語大学)
 会計     吉川 朗子(神戸市外国語大学)
 補佐      丹治 美那子(神戸市外国語大学)

会計監査
 竹山 友子(関西学院大学) 
 中村未樹 (大阪大学)

学会発表補助事業のお知らせ

2013年6月25日

日本英文学会関西支部では、日本英文学会全国大会で発表をする大学院生(支部会員)に対し、旅費等の補助を行います。詳細については「学会発表補助事業」をご覧下さい。

講演会補助事業のお知らせ

2013年6月25日

日本英文学会関西支部では、英米文学・英語学・英語教育および関連領域に関する講演会の補助を行います。詳細については「講演会補助事業」をご覧下さい。